成人・小児の矯正治療

成人の矯正治療

みと歯科・矯正歯科では、患者さんのご要望や状態に応じて、いくつかの矯正方法を用意しています。
いずれも、最新で効果の確かな治療法です。相談の上で最適な方法を選びましょう。

 

デーモンシステム(表側矯正)

矯正の先進国アメリカで開発された治療法で、従来の矯正装置が持っていた欠点であるブラケットとワイヤーに生じる摩擦を大幅に軽減することで、弱い力で歯を効率的に移動させることが可能となりました。
より身体に優しく、早く治療が終了できるのが特徴です。


  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後

インビザラインとは?

インビザラインは、不正咬合を治療するため、患者ひとりひとりのために、歯科医の治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。

これまでに全世界で5万名近くの歯科医が、インビザラインで患者の治療を行うための認定を受けており、70万名を超える患者様がインビザライン治療を受けています(2007年12月末現在)。

インビザラインでの臨床報告については多数の論文があり、その多くが審査のある学術専門誌(AJO, JCOなど)で発表されています。

インビザラインでは、「クリンチェック」とよばれる独自の3次元シミュレーションソフトを通じ、コンピュータ画面上にて、治療完了にいたるまでの総合的な治療計画の立案・検討を行っていきます。

治療計画の策定にあたっては、インターネットを通じた双方向なやりとりを経て、私たち歯科医の承認を得た上で最終決定されます。

私たち歯科医による承認後、治療計画を忠実に具現化すべく、独自のCAD/CAM(光造形)技術を通じ、「アライナー」を段階的に連続して使用することで、歯の移動を行います。

治療期間(即ち、治療に必要なアライナーの総数)を問わず、治療完了までに必要なアライナー群のすべてを、治療開始前に作成されます。

患者様は治療目標が達成されるまで、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。

インビザラインのメリット・デメリット

患者さんにとってのメリット
  • 透明感があり、装着していても目立ちません。
  • 摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。
  • 矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
  • クリンチェックが表示する3Dアニメーション動画を通じ、患者自身も計画された歯牙移動を事前に見ることができ、治療に対するモチベーション向上につながります
患者さんにとってのデメリット
  • 取り外しが出来る為、使用しなければ動きません。
  • 装置の紛失の可能性があります。(おつくり直しをいたしますが、治療期間のロスがあります)
  • 慣れるまで少ししゃべりづらくなります。
  • 一日長時間(20時間以上)の装着が必要。

教えて、インビザライン(マウスピース)矯正のこと!

インビザライン(マウスピース)矯正は、その名の通り、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して矯正治療を行ないます。

治療中も笑顔に!目立たない矯正装置

インビザライン矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです! 薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。

インビザライン矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。

装置を外して、食事ができる!

他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。

インビザライン矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。
毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。

段階に合わせて新しい装置に交換

インビザライン矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。

矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です!

治療期間中も快適!

インビザラインのようなマウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

ページトップ

お子様の矯正治療

みと歯科・矯正歯科では、永久歯列が生えそろう前の6~13才位までの歯列矯正治療を行っています。
これは、機能的矯正と言われるもので、取り外しのできる特殊な装置を使った成長・発育を利用した矯正治療です。

ヨーロッパでは、一般的になっているお子様向けの矯正方法です。

機能的矯正の特長

  • 歯は抜かない
  • 治療後の後戻りが少ない
  • 虫歯になりにくい
  • 上下の歯が一緒に治る
  • 咀嚼パターンの安定も得られやすい
  • 発育バランスに重点を置く
  • 食事の時は外せるので何でも食べられる
  • 歯とアゴに無理な機械的力をかけない
  • 歯ばかりでなくアゴの骨そのものに働きかける
  • 療後の顔の感じがとても自然になりやすい
  • 指しゃぶりなどの癖をとるのにも極めて有効

機能的矯正の短所

  • 装置の装着には患者の協力が必要
  • 治療には高度な知識と技術が必要

矯正装置の種類

※株式会社クオリアHPより

バイオネーター

主として上の歯が前に出すぎたケースに使用します。アゴを前方に誘導して発育を促します。

ムー・アブライアンス

主として「受け口」に使用します。上アゴの発育を促して下の位置を改善します。

ビムラー・アプライアンス

ビムラー博士によって開発された装置で色々なケースに幅広く対応できます。素材に弾力性があるため大人でも無理なく使用できます。

ムーシールド

反対咬合(受け口)の治療に使います。上口唇、下口唇、舌の筋肉のバランスを取り戻すことによって受け口を治療します。

治療例


  • 治療前
    開咬(前歯が咬み合わす
    事ができない)

  • 治療中
    装置を装着して、
    顎の成長を導きます

  • 治療後
    正しい咬合になりました

ページトップ

医院案内
医院案内・院長のご紹介
医院の様子
アクセス
院長コラム
治療内容
診療内容&マクロビオティック
CEREC審美修復
成人・小児の矯正治療
レーザー治療
3DS除菌外来
インプラントについて
ホワイトニングについて

みと歯科・矯正歯科

  • 〒413-0001
    静岡県熱海市田原本町9-1
    熱海第一ビル3F
  • ご不明点等ございましたらお気軽にお問合せください。
  • 【 診療時間 】
    9:00~13:00
    14:00~18:00
  • 【定休日】
    月曜日・日曜日
  • 【フリーダイヤル】
    0120-4618-80